成果

研究成果解説

放射光によるフェムト秒超高速緩和過程の時間追跡

放射光によるフェムト秒超高速緩和過程の時間追跡 極端紫外より短い波長の光を原子に照射すると、原子内部に強く束縛された内殻電子を外側の軌道へと励起することが出来ます。内殻軌道に空孔が生じた原子は高いエネルギー状態にあり非常に不安定なため、 Read more...

株式会社ミルボンと広島大学が、熱ダメージで毛髪タンパクが構造変化する過程の高精度観察に世界で初めて成功

株式会社ミルボンと広島大学が、熱ダメージで毛髪タンパクが構造変化する過程の高精度観察に世界で初めて成功 ヘアアイロンをはじめとした熱を利用した器具を使用し、多くの方がヘアデザインづくりを楽しんでいます。しかし、こうした熱処理は、毛髪にダメージを与えてしまいます。生卵を熱すると固まってゆで卵になるように、Read more...

新奇な磁性トポロジカル絶縁体ヘテロ構造の作成に成功

新奇な磁性トポロジカル絶縁体ヘテロ構造の作成に成功 物質をトポロジーによって分類する考え方は2016年のノーベル物理学賞の受賞対象であり、現在、盛んに研究されている。その代表例がトポロジカル絶縁体であり、物質内部では絶縁体で電流を通さないが、 Read more...